Home

住基ネットの現在と 監視の未来を
見据える

反住基ネット

サマーセッション

in 横浜 2006

2006年 8月26日(土)〜27日(日)

→「発言集 安全とは何か 危険とは何か」
→プログラム
→当日配付資料詳細もくじ

会場■
8/26(土)pm1:00-7:00:横浜市開港記念会館 1階1号室:Map (懇親会は別会場)
8/27(日)am10:00-pm4:30:かながわ労働プラザ 4階5〜7会議室:Map
主催■
住基ネットに「不参加」を!横浜市民の会:Web
反住基ネット連絡会:Web
事前の参加申込みは不要です
参加費:3000円(2日間通し)
*1日だけの場合は2000円
*懇親会(26日pm8:00〜)は
3000円程度の会費で計画中
会場・会費が確定しだいお知らせします

→プログラム
→当日配付資料詳細もくじ

今年は、住基ネット問題でいま一番ホットな地域、横浜で開催します。すでにご承知のように、「横浜方式」による選択的な「非通知」を採用していた横浜市は、2006年5月10日、突然「全員参加」を発表しました。7月3日からは、非通知市民の本人確認情報を全国センターへ送信し始めています。
 このため地元では、「住基ネットに『不参加』を!横浜市民の会」のメンバーなどが「住基ネット『強制参加』にSTOP!を」キャンペーン(キャンペーンサイトはこちら)を展開して、「横浜方式」終了反対の取り組みを進めています。「サマーセッションin横浜」は、こうした横浜市民の取り組みをみんなで応援しようというわけです。よろしく!

 今年のプログラムは、第1日:住基ネットサイド/第2日:監視サイド として、住基ネットの現在と国家による監視の未来を総合的にとらえなおす試みを計画しています。

●第1日は、
◆住基ネットに「不参加」を! 横浜市民の会による「横浜現地報告」
◆地域・テーマ別「反住基ネットリレー報告」
をもとに、住基ネット問題の最前線でどのように運動を進めていけばよいかをみんなで考え、
住基ネット問題を熱く語る情報セキュリティコンサルタント吉田柳太郎さんとエネルギー政策に鋭い警鐘を鳴らす未来バンク事業組合田中優さんのダイアローグ
◆「リスク・コスト・ベネフィット――公共事業はなぜ止まらない?」
を手がかりに、反住基ネットのこれからの課題について検討します。

●第2日は、
京都造形芸術大学の芹沢一也さんによる
◆基調講演「ホラーハウス社会と割れ窓理論」

で暮らしの「安全・安心」についてもう一度考え、
パネルディスカッション「変質する『国家』−グローバル化する住民管理」
で、これからの入管法改正・共謀罪など国家による監視の問題を、ワールドワイドな視点から検証します。

私たちはこうした状況に対して
どのように対抗していけばいいのでしょうか?
4年間の経験をふまえた報告と討論の中から
いっしょに見つけだしていきたいと思います。
プログラムのページへ