反住基ネット
オータムセッション
in東京 2008

●日時

2008年10月19日(日)
午前10時〜午後4時15分
・開場:午前9時30分
・懇親会:午後5時15分〜

●会場 →MAP

SKプラザ(東京清掃労組本部)
地下1階ホール
○東京都千代田区飯田橋 3-9-3
○JR中央線/地下鉄東西線
 有楽町線・南北線
 飯田橋駅下車徒歩5〜10分

●主催

反住基ネット連絡会

●参加費

1000円 (懇親会は別途)

持続可能な社会保障に、番号・カードは必要か?

●セッション - 1(現実主義の間)午前10時〜12時30分

○アウトライン報告:社会保障番号・カード議論の概要と経過 西邑亨(情報人権WS事務局/反住基ネット連絡会)
<報告> 社保カード検討会の議論と日弁連意見書
     吉澤宏治さん(弁護士)
      :日弁連意見書 社会保障番号制度社会保障カード社会保障カード基本構想

<講演> (仮)なぜ行政のIT化はうまくいかないのか?
     牧野二郎さん(DDTF代表、弁護士)DDTFインターネットローヤー法律相談室
○質疑・討論


ランチタイム◎午後0時30〜1時30分


●セッション - 2(原則主義の間)午後1時30分〜2時45分

<講演> わが国の『社会保障カード』プランの“罠”
     ──英のIDカード制と米の社会保障番号制から見抜く
     石村耕治さん(白鴎大学教授、PIJ代表)PIJ
○質疑・討論


●セッション - 3(現場主義の間)午後3時〜4時15分

<報告> 介護・医療・福祉の現場から
     山本勝美さん(東京都保健所心理相談員協議会会長、『福祉労働』編集委員)
      共生の広場
○質疑・全体討論


●懇親会午後5時15分〜

連絡会トップページへ