愛知県東浦町死体遺棄事件

門田典子生い立ちは借金漬けのホスト狂い|別事件の執行猶予中に死亡で因果応報【愛知県東浦町死体遺棄事件】

愛知県東浦町死体遺棄事件

2022年5月31日、愛知県東浦町の畑で門田典子さん(当時40)の遺体が見つかった事件で、山下克己容疑者(54)と天池由佳理容疑者(37)が死体遺棄容疑で逮捕されました。

被害者である門田典子さんは、2019年に逮捕され執行猶予中だったことが判明。本記事では、門田典子さんについてまとめました。

門田典子生い立ち「名古屋のホスト界で有名な要注意客」

門田典子さんの幼少期や学生時代に関する情報は明らかになっておりません。

2019年に逮捕された当時、門田典子さんは名古屋のホスト界では「いろんな店でいろいろやらしちゃう、要注意な客」としてちょっとした有名人でした。

当時取材を受けたホストによると、「自分が指名するホストが他の客に指名され、その女性とホストがいちゃいちゃしていると嫉妬して殴り合うことを見たことがある」と話しています。

「名古屋のホスト界では、ちょっとした有名人」。門田容疑者から指名されたという名古屋市内のホストは、門田容疑者について、そう話す。「いろんな店でいろいろやらかしちゃう、要注意な客」。とりわけ、自分が指名するホストが他の客に指名されることを非常に嫌がっていたという。「その女性がいちゃいちゃしていたら、嫉妬して、殴り合いするシーンも見たことがあります」。
(引用:J-CASTテレビウォッチ)

門田典子さんが逮捕された事件の発端も、”指名するホストが被っていたことによるいざこざ”からから発展しています。「ホストのために生きている」といってもよいほどの入れ込みようだったようですね。

ホストのために生きていたが故に、門田典子さんは常に借金問題を抱えていました。

料金を払えずに店やホストに借金をし、「後日支払う」と約束しても最終的に踏み倒す。その結果、出禁になっているお店も数多くありました。

門田典子さんは、お金には常に困っておりマクドナルドに行っても水しか頼まない人間だったようです。お店からしたら迷惑ですね。

  門田容疑者の知人は「おとなしいけど、むきになると突っ走るところがある。気に入っているホストさんが目を見てくれない、電話しても出てくれないと悩んでいたこともある。常にお金に困っていて、マクドナルドに行っても水しか頼まない。借金もあった」と話す。
引用:J-CASTニュース

複数の店舗で借金もしているにもかかわらず、ホストクラブ通いはやめなかった門田典子さん。男性に貢いだ人生とも言えます。

門田典子のプロフィール

門田典子さんのプロフィールをまとめました。

名前:門田典子(かどだのりこ)
年齢:36歳(2019年当時) ※死亡時:39~40歳
職業:風俗店店員(2019年当時)⇒介護助手(~死亡時まで)
住所:愛知県稲沢市日下部松野町2丁目(2019年当時)
家族構成:不明
逮捕容疑:傷害致死、窃盗、死体遺棄
愛知県東浦町で発生した門田典子さん死体遺棄事件で、門田典子さんは愛知県稲沢市に住んでいることが判明しています。死亡時まで日下部松野町2丁目に住んでいた可能性が考えられます。

門田典子の顔写真

門田典子さんのFacebookを調べたところ、写真や住所から門田典子さん本人と思われるアカウントが少なくとも7つありました。

門田典子さんの顔写真を時系列でまとめました。

<2016年>

<2017年>

<2018年>

<2021年>

<2022年>

他にも猫の写真がアイコンとなっているアカウントについても、友達関係から門田典子さんのアカウントである可能性が高いですが、特定には至っていません。それらのアカウントも合わせると14個ほどのアカウントを所持していました。

いずれのアカウントも投稿はされておらず、プロフィール写真が設定されているのみです。逮捕される前から複数のアカウントを作成しており、友達にいずれもホストと思われる方が含まれていました。いずれのアカウントの友達にも天池由佳理容疑者の名前は確認できませんでした。

門田典子さんと天池由佳理容疑者はSNSで知り合っていることが判明しています。Facebook以外のSNSでやり取りしていたと考えられます。

門田典子の逮捕経緯「豊田市の山林で死体遺棄、傷害致死などの罪」

「門田典子」で調べると、「門田典子 判決」や「門田典子 公判」といったサジェストキーワードが検出されました。

詳細を調べたところ、門田典子さんは2019年2月、同居する犬飼幸子さん(当時31歳)に暴行を加えて死亡させたなどとして、傷害致死や死体遺棄などの罪で逮捕されていました。

当時の事件の詳細をまとめました。

①2019年2月:豊田市の山林で犬飼幸子さんの遺体を発見。

②知人の通報がきっかけで、ホストクラブに通う遊び仲間であった当時風俗店店員・門田典子被告と石川一代容被告を死体遺棄の疑いで逮捕。
③犬飼幸子さんへ暴行を加え死なせた傷害致死や、犬飼さんの口座から現金13万円を引き出した窃盗の容疑で2人を再逮捕。
④公判で事件の詳細や、3人の関係性が明らかになった。
・日常的に暴力を振るっていたのは石川一代被告。元々、石川一代被告と門田典子被告は主従関係にあり、犬飼幸子さんが加わったことで、暴力のターゲットが門田典子被告から犬飼さんに変わる。
・石川一代被告、門田典子被告、犬飼さんは、石川一代被告が住むマンションに同居。

・石川一代被告、門田典子被告は、犬飼さんを風俗店で働かせて収入を得ていた。収入額が少ないと虐待を繰り返していた。
・犬飼さんが漏らした「逃げたい」という一言に、石川一代被告が激高。暴行を加え死亡させた。

・暴力は日常的に行われていた。検察によると「手足を針金で縛ったりして衰弱させた上、暴力で死に至らしめた」としている。

⑤石川一代被告、門田典子被告とも傷害致死については否認。門田典子被告は、死体遺棄と窃盗については容疑を認めた。
(引用:東海テレビ)

暴力は日常的であったとあり、被害者の痛みは計り知れません。門田典子さん自身も死体遺棄という形で畑に遺棄されています。「遺体を遺棄された」という点において、自身が被害を加えた女性と同じ末路を辿っています。

門田典子|判決で懲役2年、保護観察付き執行猶予4年

2020年7月13日に判決が言い渡され、門田典子さんは「懲役2年、保護観察付き執行猶予4年」でした。

山田耕司裁判長は、傷害致死罪については無罪とし、死体遺棄罪と窃盗罪のみを認定した上で、石川被告に懲役2年8月、保護観察付き執行猶予4年(求刑・懲役12年)、門田被告に同2年、保護観察付き執行猶予4年(求刑・同8年)を言い渡した。
(引用:読売新聞オンライン)

愛知県東浦町死体遺棄事件で、門田典子さんは39歳、40歳頃に死亡したとされているため、刑の執行中であったと言えます。保護観察付き執行猶予4年が適用中だったのでしょう。保護観察付きであったにも関わらず、死体遺棄事件に巻き込まれる理由は明らかになっておりません。

また、門田典子さんの職業が、風俗店店員から介護助手に変わっています。被害者への度重なる暴行を考えると断じて許されるものではないですし、刑としても軽すぎるのではないかと思いますが、判決後は罪に向き合って仕事に邁進していたのかもしれません。

【追記】門田典子|天池由佳理とは友人関係も金銭トラブルがあった

愛知県東浦町死体遺棄事件で、天池由佳理容疑者は「門田典子さんとは知人関係」と供述しています。門田典子さんと天池由佳理容疑者は時期は不明ですが、SNSでやり取りする仲でした。

しかし、天池由佳理容疑者の知人は「2021年5月ごろ、(天池由佳理容疑者が)『典子と遊びに行く』と話していて、親密だと感じた」と話しており、かつては仲が良かったことがわかっています。

門田典子さんの知人の話では、「2022年1月に門田典子さんから天池由佳理容疑者との金銭トラブルについて相談を受けた」と話しています。

門田さんの知人女性は、ことし1月、門田さんから天池容疑者との金銭トラブルについて相談を受けていました。 (門田さん、天池容疑者2人を知る人) 「(天池容疑者と)お金のトラブルがあるとは聞いた。『返した方がいい、返さない方がいい』とか。『(天池容疑者から)なんで借りたの?』とかそこまでは聞かなかった」
(引用:Yahooニュース

門田典子さんは天池由佳理容疑者へ『(お金を)返した方がいい、返さない方がいい』かを知人に相談したということですが、気になるのは『返さない方がいい』という表現。

天池由佳理容疑者へお金を借りていたのだとしたら、『返さない方がいい』という表現は通常使いません。天池由佳理容疑者から難癖をつけられて必要以上の返済を迫られていたのか、はたまた天池由佳理容疑者の人柄などを理由に門田典子さんが『返すべきではない』と考えたのでしょうか。

<追記>

門田典子さんは事件前の3月12日、知人男性に「トラブってるから助けて」と電話していたことがわかりました。

十数年来の知り合いだという男性によると、三月十二日深夜、交流サイト(SNS)の無料通話で門田さんから着信があった。
冒頭から相談を持ち掛けられ、男性がその内容を尋ねると、門田さんが「お金もそうだけど…」と言って詳細を話したがらなかった。
男性が「今、誰かと一緒にいるのか?」と質問を重ねると、門田さんは「今は言えない」「また電話する」などと話し、通話が終わった。
男性は翌朝、SNSで門田さんにメッセージを送信。既読になったが返信はなかったという。
男性は当時の門田さんの様子について「声は落ち着いていたが普段とは違い、何かから逃げている感じがした」と話した。
引用:中日新聞

1月に別の知人に相談していた金銭トラブルが継続しており、金銭以外の問題も発生していました。門田典子さんが詳細を話さなかったため、何が起こっていたのかわからぬまま事件に巻き込まれてしまいました。

「何かから逃げている感じがした」ことから、山下克己容疑者と天池由佳理容疑者から逃げていたのでしょう。結局逃げ切れず、犠牲となってしまいました。

<追記終わり>

門田典子さんと天池由佳理容疑者との関係については、下記の記事にまとめております。

門田典子さんが関わっている事件で、天池由佳理容疑者の名前は出てきていませんでした。SNSで知り合ったのは、門田典子さんが関わった事件の前なのか後なのか明らかになっておりません。

こちら新たな情報が入りましたら追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました