アーティスト

黒木啓司引退理由は宮崎麗果へのアンチ回避「引退後はイクメン画家に転身か」

アーティスト

6月10日、EXILEのパフォーマー・黒木啓司さんが2022年10月末日をもって芸能界を引退すると発表しました。本記事では、黒木啓司さんの引退理由についてまとめました。

黒木啓司引退理由「嫁・宮崎麗果へのアンチ回避」

黒木啓司さんは、2022年10月末日をもってEXILEおよびLDH JAPANから卒業し、芸能界を引退すると発表しました。

7月から開催されるドームツアー『EXILE LIVE TOUR 2022 “POWER OF WISH”』が、黒木啓司さんにとって最後のツアーになると推測されています。

黒木啓司さんのコメントを一部抜粋した内容はこちらです。

引退の時期に関しては、自分の中で数年前から考えていました。
パフォーマーとして活動させていただく中で、常に自身のベストをファンの皆様に届けることに命をかけてきましたが、最近では年齢や体力の限界を感じるようになっていました。
今後、自分が思うベストパフォーマンスを届けることができなくなる前に、EXILE20周年という節目を機に引退することを決意いたしました。

そして、お芝居やバラエティなど様々な分野のお仕事に挑戦させていただきましたが、芸能人である前に僕はEXILEのパフォーマーであり、そこに対する自分なりの情熱とプライドがあるが故に、パフォーマーを引退するなら全てのステージから降りることがファンの皆様、そして自分に対するケジメだと感じました。

引退後は家族をしっかりと支えながら、新たな道で社会に貢献できるように精進していきますので、温かく見守っていただけたら幸いです。
(引用:EXILE TRIBE FAMILY

黒木啓司さんが語った引退理由は『年齢・体力の限界』。黒木啓司さんは今年で42歳です。ライブなどで高いパフォーマンスをキープするためには、並々ならぬ鍛錬、忍耐が必要不可欠です。
管理人もストリートダンスを15年続けている30代半ばですが、体力の衰えは常に感じています。頭でわかってても体がついていかない感覚。どうしても年齢を感じるんです…「若い時はできたのに」と。
管理人のような趣味レベルで続けている人間でさえ『年齢・体力の限界』を感じますから、プロとして活躍し、かつ40代の黒木啓司さんはより強く感じていたことでしょう。
実際、Instagramで14年前と今の自分を比較する画像を投稿していました。今の方が若く見えるという美魔女ぶりを発揮しています。
引用:黒木啓司さんInstagram(左:14年前、右:現在)
ただ気になるのは、「何故このタイミングで芸能界引退なのか?」ということ。
年齢を考えるとパフォーマーとしては体力キープは難しいかもしれませんが、黒木啓司さんは俳優としても活躍されています。『パフォーマーは卒業、芸能活動は継続』は選択肢としてありそうです。
黒木啓司さんは『パフォーマーを引退するなら全てのステージから降りることがファンの皆様、そして自分に対するケジメ』だと語っています。理由としては納得ではあるのですが…、どうしてもチラつくのが今年4月に起こった妻・宮崎麗果さんへの誹謗中傷問題。
黒木啓司さんは、2021年12月に実業家でモデルの宮崎麗果さんと結婚。宮崎麗果さんはバツ2シングルマザーで子どもを連れていました。そんな経歴のある宮崎麗果さんとの結婚は、黒木啓司さんファンには青天の霹靂でした。
実際「黒木啓司 結婚」で検索するとサジェストに「黒木啓司 結婚 ショック」がヒットします。
ファンの間でいかにショッキングな出来事であったかがわかります。
宮崎麗果さんのInstagramは黒木啓司さんと結婚以降、より誹謗中傷が相次ぎます。2022年4月に投稿した、黒木啓司さん家族とのディズニー写真投稿で炎上が一気に過熱。黒木啓司さんの結婚に対する絶望や妬みが、宮崎麗果さんへ盛大にぶつけられました。
宮崎麗果さんは当然ながら誹謗中傷を受け、4月13日に「法的措置に入る」とコメント。
悪質な誹謗中傷には「なので罪に該当する方は現在顧問弁護士が法的措置を順次進めてます」と法的措置の準備に入っていることを報告。「苦渋の決断でしたが、もう黙認もおかしいと思いました。『ファンを訴えるなんてやばいね』じゃないです。もう本当にそういう問題じゃない。ファンを訴えてるわけではないです、人権を損害され、犯罪を犯してる人を正当な理由で法の判断に任せるだけです」と記した。
引用:スポニチ
黒木啓司さんも同日家族とディズニーで楽しんでいる写真をInstagramに投稿。一部のファンからは批判的なコメントが寄せられていたようです。(現在、アンチコメントは確認できませんでした。)

引用:黒木啓司さんInstagram

啓司さん!もうアンチコメントに悩まなくても良いようにコメント欄閉鎖した方が良いですよ!
コメント制限という機能があるようで、とろサーモン久保田さんも、そうされてますよ!
このままでは啓司さんのメンタルが心配で、少しでもその苦しみから解放される為に、一度考えてみてください!
宮崎麗果さんとの結婚により、夫婦共々熱狂的なファンからの心無い言葉で苦しむこととなります。家族写真を投稿しただけで炎上する実態に、黒木啓司さんは頭を抱えたことでしょう。
自分の年齢・体力問題を始め、妻である宮崎麗果さんがこれ以上誹謗中傷の被害を受けないようにするため、”芸能界を引退”し、「一般人となって家族を支えたい」という決意に至ったのではないでしょうか。

例え宮崎麗果さんの連れ子であったとしても、”しっかりと子供と向き合いたい”と考えた黒木啓司さんの漢気を感じますね。”引退”より”勇退”に近いでしょう。
また、宮崎麗果さんへの誹謗中傷問題で法的措置の準備を進めていました。名誉棄損などで訴える場合は、警察・検察に対して告訴手続きを始め、損害賠償などの請求、記事やコメントの削除など名誉回復を求めるなど、行うことがたくさんあります。
これらの対応を、子どもの面倒を見ながら宮崎麗果さん1人で対応していくのも難しいでしょう。黒木啓司さんはこうした裁判沙汰のフォローもしていくつもりなのかもしれませんね。
黒木啓司さんで思い出すのは管理人が学生の時に見た『J Soul Brothers(2代目)』のパフォーマンス。何かのダンスイベントでゲストに来ていたと思うのですが、黒木啓司さんもパフォーマーとして参加されていて、プロのダンスを間近で見て正に”ダンサーの鏡”だと感じたものです。
周りの黄色い声援や肘攻撃に負けず、何とかパフォーマンスを見ていましたが、周りの攻防を忘れてしまうぐらい、キレキレのダンスで完全に見惚れていたのを覚えています。いい青春時代でした。
もう「パフォーマンスを見れないのか」と思うと寂しさが募りますが、芸能界引退まで悔いのないようやり切っていただきたいですね。

黒木啓司引退後は画家に転身か「無心で描けるきっかけに」

黒木啓司さんは引退後、新たな道に進むことを明かしています。「新たな道」に関して具体的なことを明かしていませんが、Instagramで気になる投稿を確認しました。
それは、『小学校ぶりに絵を描いた』ということ。実際のInstagramの写真はこちらです。

引用:黒木啓司さんInstagram
「小学校ぶり」となると、実に30年ぶりです。しかし、30年ぶりに描いたとは思えない画伯ぶりを発揮。グッズ化できそうです。
ファンからエプロンの汚れ具合を心配されながらも、抜群の美術センスを持っていることが明らかになりました。ダンスや演技だけでなく、絵まで描けるとは…イケメンは何でも持っていますね。
このInstagram投稿は、芸能界引退を発表する前日に投稿されています。「無心で描けるきっかけになった」という黒木啓司さん。芸能界引退の発表を前に、無心になって心の整理をしたかったのでしょうか。
黒木啓司さんのInstagramには、アート作品展で絵や作品などと一緒に写っている写真が多く投稿されていました。
引用:黒木啓司さんInstagram
元々美術に興味があり、作品に触れていくうちに自分も『描いてみよう』と思い至ったのでしょう。
芸能人でも嵐・大野智さんや元SMAP・香取慎吾さんなど、絵がうまく個展を開いていた有名人がいますね。黒木啓司さんも子育てが落ち着いたら、「個展開催」という未来がありえるのではないでしょうか。
イクメン画家として、類まれなる才能を発揮し続けていただきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました