東京国税局員コロナ給付金詐欺事件

中村上総学歴高校中退はデマ「多くの友人に囲まれるバイク好きの好青年」【コロナ持続給付金詐欺事件】

東京国税局員コロナ給付金詐欺事件

6月2日、新型コロナウイルス対策の国の「持続化給付金」をだまし取った詐欺容疑で、東京国税局職員ら20歳代の男女7人が逮捕されました。

本記事では、逮捕されたうち、中村上総(なかむらかずさ)(24)容疑者について調査いたしました。

中村上総の高校中退はデマ「ルーテル学院高等学校卒業式写真を発見」

中村上総容疑者のFacebookやTwitterは既に特定されています。

中村上総容疑者の学歴ですが、中村上総容疑者のTwitterプロフィール欄に「二岡→ルーテル→大原→社会人」と書かれています。

ニュースなどで使われている中村上総容疑者の顔画像は、Twitterのカバー写真が利用されています。

「二岡→ルーテル→大原→社会人」という記載は、『二岡中学校→ルーテル学院高等学校→大原専門学校→社会人』という意味と解釈できます。

また、中村上総容疑者のFacebookには2015年に「ルーテル学院高等学校に入学」し、2018年に「ルーテル学院高等学校を中退」したことになっています。


このことから、中村上総容疑者は高校を中退しており、専門学校を卒業しても学位を得られないことから学歴としては「中卒」であるとされていました。

しかし、中村上総容疑者のTwitterのツイートからルーテル学院高等学校の卒業式で撮影されたと思われる写真を発見。写真は2017年3月27日に友人からのツイートに対して返信した際に添付されていました。

ろじゃー、俺も待ち受けルーテル愛

制服もルーテル学院高等学校のものであり、卒業証書を手にした友人もいることから卒業式当日に撮影したものでしょう。高校時代の友人をとても大切に思っていることが伝わります。

中村上総容疑者は、ルーテル学院高等学校卒業後に専門学校に通い、「税務職員採用試験」を受けて合格。東京国税局へ入局しています。

ルーテル学院高等学校卒業を卒業した時期ですが、具体的な時期は特定できませんでしたが、2016年には専門学校に通い始めていたと思われるツイートを確認しました。

勉強地獄よ
みんな大学デビューしてる?

周りの友人が大学デビュー、つまり大学1年生になっているということは、2016年3月に卒業したと考えられます。

Facebookで『ルーテル学院高等学校中退』となっている理由は不明ですが、中村上総容疑者のFacebookアカウントは複数あり、誤って登録した可能性が考えられます。

友人たちとのTwitterでの会話からは、高校時代に留年した形跡は見られませんでした。

中村上総当初の志望は「福岡県警」|試験に不合格で国税局へ入局か

中村上総容疑者のTwitterのツイートから、当初は福岡県警を志望しており、福岡へ受験に行っていた形跡を確認しました。

2015年7月25日のツイートです。

警察落ちたら大学の時入試有利になるために試合でようか迷ってる(笑)
九州大会にでようかなておもってる!全国大会はきつい(笑)

2016年4月13日のツイートです。

いまはすべての公務員狙っとるけんねニヤリ

2016年5月7日のツイートです。

明日九州産業大学にいくよ(笑)
あした福岡県警の試験がそこである!!

2016年6月1日のツイートです。

俺もし公務員全部落ちたら多分留学するよ(笑)

2016年9月18日のツイートです。

そうそう!九州産業大学なうよ
筆記は終わった!まあ余裕で受かったな(笑)
福岡県警よん!
福岡、大卒筆記なら余裕よ!(笑)

2016年12月16日のツイートです。

俺警察には行かんよ(笑)
東京国税庁にいく

2016年の5月と9月に福岡県警の採用試験を受けたものの、2016年12月には東京国税局に行くと話しています。

高校生で福岡県警の採用試験を受けられるのか調べたところ、試験の種類が「警察官B」または「警察官C」であれば高校生でも受験可能であることがわかりました。

(引用:福岡県警察官警察行政職員募集2022

中村上総容疑者は2回福岡県警の試験を受けていることから「警察官B」(早期採用男性)を受験していた可能性が高いでしょう。

福岡県警の試験結果についてはツイートされておりませんが、2016年6月1日のツイートで「公務員全部落ちたら多分留学する」と発言していることから、同時期に他の公務員試験も受験していたことがわかります。

このうちの1つが「税務職員採用試験」であり、2016年12月16日には試験に合格して入局が確定していました。

過去のツイートからは、「熊本県での就職が難しいから都会へ逃げた」という投稿を見かけました。中村上総容疑者は地元の熊本県内に就職するよりも、都会に就職した方がお金が稼げるという算段をしていたのでしょう。

俺は国家公務員だから仕方ないよね!国家公務員だからね!国家公務員!!!!国家公務員だもん!
熊本難しいから都会に逃げた(笑)
ディズニーランドまで400円で行けるとか最高だわぁーーー

中村上総容疑者は、高校時代から安定した収入を得られる仕事、とりわけ公務員になりたいと考えているように見受けられます。

結果として国税局に入局しますが、今回の詐欺事件で国家公務員の収入よりも多くのお金を手に入れられたことから、国税局を退職して詐欺の道に走ってしまったのでしょう。

中村上総趣味はバイク「HONDA CBR250RRを乗り回す」

中村上総容疑者はバイクが趣味だったようで、2016年12月16日バイクの免許を取得していました。その際のTwitterのツイートはこちらです。

失礼な(笑)
確かに合宿免許で死にそうなぐらい暇だけどね(笑)
まあね
今日はバイクの免許とれた!(笑)

2019年9月4日のツイートで、中村上総容疑者のバイクは”HONDA CBR250RR”であることが判明しました。

バイクも好きなの?
俺cbr250rr 乗ってるけどめちゃ乗りやすい笑

”HONDA CBR250RR”はこちらです。

メーカー希望価格は82万円ほど。中古でも37万~100万ほどの値段で購入できるようです。

中村上総容疑者はバイク乗りの憧れがあったのでしょうね。休日はツーリングなどにも行っていたのかもしれません。バイクに関するツイートを確認できず、どの程度バイクを利用しているかは確認できませんでした。

中村上総専門学校は”大原”|1年制公務員チャレンジコースを受講か

中村上総容疑者は塚本晃平容疑者と一緒に、東京都内の専門学校で簿記を学んでいたことがわかっています。

また、中村上総容疑者は警察官の試験も受けているため、簿記だけでなく、公務員全般の知識を習得する必要がありました。

中村上総容疑者のTwitterプロフィール欄には”大原”と記載。2016年3月に高校を卒業し、2017年4月には東京国税局へ入局していることを考えると、1年制のコースを受講していた可能性が高いです。

専門学校の大原には『1年制公務員チャレンジコース』という国家公務員を始め、警察官や消防官の採用試験を合格基準としているコースがありました。

東京都内で上記コースを取り扱っている学校は、以下の3校です。

  • 大原法律専門学校(東京都水道橋)
  • 大原ビジネス公務員専門学校池袋校(東京都豊島区)
  • 大原簿記公務員医療福祉保育専門学校立川校(東京都立川市)

どの学校へ通っていたかについては特定できていないため、新たな情報が入りましたら追記していきます。

中村上総中学は”熊本市立二岡中学校”

塚本晃平容疑者が通っていた中学校は、幼なじみである塚本晃平容疑者と同じ”熊本市立二岡中学校”で間違いありません。Twitterのプロフィールとも一致します。

熊本市立二岡中学校は熊本県熊本市東区にあります。

中村上総容疑者は2014年8月からTwitterを始めていたため、二岡中学校時代のツイートは確認できませんでした。ですが、同級生と思われる友人とやり取りをしている投稿も見受けられたため、高校時代以降も仲の良い友人との交流は続いていた模様です。

塚本晃平容疑者と同様、中村上総容疑者自宅の学区内の学校が”二岡中学校”であったということで間違いないでしょう。

中村上総小学校は”熊本市立託麻東小学校”か

中村上総容疑者が通っていた小学校は、塚本晃平容疑者と同様”熊本市立託麻東小学校”の可能性が高いです。

託麻東小学校は二岡中学校の隣にあります。

上記の在校生の口コミより、塚本晃平容疑者と中村上総容疑者は”託麻東小学校”卒業後、隣にある二岡中学校に入学したと考えるのが自然です。ルーテル学院高等学校には「高校受験で進学した」ということになります。

中村上総学歴まとめ

中村上総容疑者の学歴をまとめました。

・1998年頃:熊本県で出生
・2012年3月:熊本市立託麻東小学校卒業(推測)
・2012年4月:熊本市立二岡中学校入学
・2014年3月:熊本市立二岡中学校卒業
・2014年4月:ルーテル学院高等学校入学
・2016年3月:ルーテル学院高等学校卒業
・2016年4月?:専門学校”大原”入学
・2017年3月:専門学校”大原”卒業
・2017年4月:東京国税局入局
※中村上総容疑者の年齢(24歳)を基に逆算しています。
専門学校の入学時期が不明であるため、新たな情報が入りましたら追記していきます。

コロナ持続給付金詐欺事件の概要

コロナ持続給付金詐欺事件の概要をまとめました。

2020年8月頃、詐欺グループの仲間である当時17歳の少年(詐欺容疑で書類送検)が、コロナ禍で収入を減らした個人投資家だと偽り、中小企業庁から持続化給付金100万円をだまし取る。

また、LINEで「持続化給付金指南役チーム」というグループを作り、大学生などを中心とする若者に不正受給の方法を指南した上で、受け取った給付金を暗号資産への投資にあてていた疑いがある。

申請名義人は高校生や大学生など若者が中心。グループは給付金を全額回収し、メンバーの報酬を差し引いた残りの大半を暗号資産に投資。しかし、その後元金などは名義人に返還されていない。

塚本晃平容疑者は、詐欺グループでウソの書類作成を担当。持続化給付金を申請する際に必要な確定申告の書類の手配をしていた疑い。塚本容疑者は1件あたり5万円の報酬を得たとみられ、これまでに約120万円を受け取っていたとみられる。
塚本晃平容疑者はは取り調べに対し、黙否。

この詐欺グループには、既に逮捕・起訴されている指示役で東京国税局の元職員の男(24)や大手証券会社の元社員の男(27)が含まれている。 東京国税局の元職員の男と塚本晃平容疑者は小学校からの幼馴染だった。主犯格で指導役の男は、中東のドバイに逃亡中。

警視庁は、詐欺グループのメンバーらが、納税や金融に関する専門的知識を悪用し組織的に犯行に及び、被害総額が2億円にのぼるとみて実態解明を進めている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました