静岡湖西市乱交パーティー事件

加藤砂恵子顔画像「ずば抜けた企画力を持つ凄腕プランナー」【静岡県湖西市乱交パーティー事件】

静岡湖西市乱交パーティー事件

6月12日、静岡県湖西市の宿泊施設で130人規模の乱交パーティーを主催したとして、千葉県習志野市の自称自衛官・田渕照明容疑者(54)と千葉県船橋市の自称看護師・加藤砂恵子容疑者(51)が公然わいせつほう助の疑いで現行犯逮捕されました。

本記事では、加藤砂恵子容疑者について調査しました。

加藤砂恵子顔画像「細身の女性」

報道の中で、加藤砂恵子容疑者と思われる姿が映されています。




細身で白い長そでのワンピース、赤いハイヒールを履いた女性と、同じく細身で上は白い半袖に下は黒い服を着た女性。一方は加藤砂恵子容疑者で、もう1人は公然わいせつの疑いで逮捕された佐藤志津香容疑者と思われます。

どちらが加藤砂恵子容疑者であるか判明していないため、引き続き調査をしていきます。

【追記】加藤砂恵子Facebook顔画像

Facebookで「加藤砂恵子」で検索したところ、同姓同名のアカウントが2つヒットしました。そのうち、加藤砂恵子容疑者と同じ”千葉県船橋市在住”のアカウントがありました。こちらが該当のアカウントです。

<追記>
報道にて下記アカウントが加藤砂恵子容疑者のものと特定されました。しかし、現在はアカウントが削除されています。
<追記終わり>

こちらのアカウントを調査したところ、”現役看護師”と記載されており、加藤砂恵子容疑者の職業とも一致しています。

また、自己紹介には『50代からの美容法』とあり、50代向けの美容法を発信しているようです。”50代向け”とわざわざ書いているので、自分の年齢も同年代なのでしょう。年齢についても加藤砂恵子容疑者と概ね一致します。

50代は顔のたるみやしわ、体形など気になる部分がたくさんありますよね。こうした悩みを解決していたのでしょうか。どのような美容法なのか大変気になります。

実際に加藤砂恵子容疑者の顔写真を見ると、50代とは思えないほど肌につやがあります。美アンバサダーとして培った技術を自身の身体に存分に活かしたのでしょう。

しかし、加藤砂恵子容疑者の職業は”自称”看護師のままで、結局逮捕直前まで看護師としての仕事に従事していたのか明らかになっておりません。

【追記】加藤砂恵子Instagram顔画像

現在、Instagramで「加藤砂恵子」で検索すると、同姓同名のアカウントが複数ヒットします。しかし、加藤砂恵子容疑者のアカウントは既に削除されており、現在は確認できません。

削除される前の加藤砂恵子容疑者のInstagramアカウントはこちらです。

Facebookと同様、美容系の情報を発信しています。「50歳からでも綺麗になれる!」が一貫したテーマのようです。

アカウントが削除されたタイミングとしては、逮捕後数日の間でした。特定されたことに焦って慌てて削除したのでしょう。

しかし、警察の取り調べ中は携帯が没収されて操作ができないはずです。没収中は電話やメールも使えないため、当然Instagramの操作も不可能です。既に取調べが終わり、手元に携帯がある可能性も否定できません。

ネット上で自分の顔写真が広まった加藤砂恵子容疑者。美アンバサダーとしての活動は、難しいでしょう。

【追記】加藤砂恵子Twitter顔画像

加藤砂恵子容疑者のTwitterも特定されています。該当のアカウントはこちらです。

現在Twitterでこちらのアカウントを検索すると、「このアカウントは存在しません」と表示されました。既にアカウントは削除されています。

Instagram、Facebookとも周到にアカウント削除した加藤砂恵子容疑者。Twitterだけ自身の美顔を出さず、ザシンプソンズ風のイラストなのが気になります。

全てのアカウントにおいて「看護師」「ナース」と書かれています。ですが、”自称”が取れないところから病院への勤務実績がないのでしょう。美病院勤務実績を示し、信頼感を上げる目的だった可能性が高いです。

【追記】加藤さえこプロフィール「ずば抜けた企画力を持つ凄腕プランナー」

加藤砂恵子容疑者のプロフィールをまとめました。

名前:加藤砂恵子(かとうさえこ)
年齢:51歳
職業:看護師(自称)
住所:千葉県船橋市前原東1丁目
家族:不明
逮捕容疑:公然わいせつほう助

加藤砂恵子容疑者は乱交パーティーの主催者でしたが、驚くべきは”企画力”です。いくらインターネットの掲示板とはいえ、パーティーの内容に魅力がなければ130名も集まらないでしょう。加藤砂恵子容疑者は、パーティーの企画や運営を田渕照明容疑者と2人で行っていました。

人となりもわからない130名をたった2人でまとめるには、高い統率力や実行力が必要です。加藤砂恵子容疑者と田渕照明容疑者は、プロ顔負けのプランナーだったのでしょう。

<追記>

事件当日の様子がわかってきました。加藤砂恵子容疑者と田渕照明容疑者は、まるで修学旅行のような綿密なスケジュールを準備していました。

「参加者に食事を提供しており、何時に何を出すという“お品書き”まで張り出していた。日帰り組と泊まり組がいたが、泊まったペアには朝食も出す予定だった。収支が成り立つようにしているが、金儲けが目的というより、趣味と実益を兼ねて旅行気分で盛り上げたい趣向だったのではないか」と捜査関係者。
引用:Yahooニュース

”お品書き”まで準備して、宿泊した参加者に対して朝食を手配する。ホテル並みの気配りです。ここまで企画として準備していたとなると、お金よりも「参加者にプレイを楽しんでもらうこと」に主眼を置いているようにしか見えません。

プロ顔負けのプランナーであったことが明らかになりましたが、流石に規模が大きすぎたため警察にバレて逮捕となってしまいました。

<追記終わり>

乱交パーティーは、「令和4年浜名湖フェス」というLINEグループで参加者を募っていたことが判明いたしました。参加者は夫婦やカップルがほとんど、一部単独で参加する人もいたようです。

関係者によると、田渕容疑者らはLINE(ライン)グループ「令和4年浜名湖フェス」で参加者を募った。参加者のほとんどがカップルや夫婦だというが、単独で参加する人もいた。年齢は下は20代からで、40代~50代が多いという。11日~12日にかけて行われた会は、宿泊しない参加者もいた。関係者は少なくとも3、4年前から会が行われていたとみている。
引用:日刊スポーツ

夫婦やカップルは「刺激を求めて…」という理由、単独参加は「出会いを求めて」か性癖が理由でしょう。結果的に警察に突入されて、いろんな意味で刺激的で忘れられない1日になってよかったのかもしれません。

「参加料として男女1組ずつ1万円を集めていた」と報道されており、夫婦やカップルの宿泊デート費用と思えばむしろ安いぐらいです。乱交パーティーは3、4年前から開催されていることから、リピーターもいたでしょう。

持ち前のずば抜けた企画力を発揮し、毎年パーティーを大いに盛り上げた加藤砂恵子容疑者。加藤砂恵子容疑者にとって乱交パーティーは、「やりがい」を感じられる最高の舞台だったのでしょう。

過去に摘発された乱交パーティー事件

本事件は、120名規模で1人1万円の会費で乱交パーティーが開催されていました。ネット上では、「何故この乱交パーティーが摘発されたのか」疑問の声が挙がっていました。

管理人も「会費を払い、同意の上で行っているから個人の自由では?」と思ったため、過去にも同様の事件がないか調査しました。結果、2009年にも同じように摘発された事件を発見。

事件の概要はこちらです。

「趣味の会」。摘発された乱交パーティーの主催者は、こう称していた。

ところが、宮城県警は2009年6月17日夜、この「趣味」に突然踏み込んだ。仙台市青葉区のマンションの一室に捜査員が入り、男女の客がコトに及んでいる現場を押さえたのだ。

客の男性会社員(47)と女性店員(23)を公然わいせつの現行犯で逮捕。それを手助けしていた主催側の無職男性(31)と女性会社員(42)も、公然わいせつ幇助の現行犯だった。主催側では、ヘルス嬢3人も、その場にはいなかった部屋所有の風俗店経営者(46)も、それぞれ公然わいせつなどの疑いで逮捕された。逮捕者は計8人で、ほかに、女性1人、男性8人の客がいた。

パーティーは、男性が1万5000円、女性が無料。携帯サイトの掲示板で「大人のパーティー」と募り、1回10人前後で、月に5~8回開いていたという。
引用:J-CASTニュース

この乱交パーティーは計16人が参加。公然わいせつほう助や公然わいせつの疑いで、8人が現行犯逮捕されています。会費は男性が1万5千円、女性は無料。参加者の半分が逮捕されていますね。

事件が報じられた当時、静岡県湖西市の事件と同様「個人的な趣味ではないか」「被害者はいないのに何故逮捕されたのか」と疑問の声が挙がりました。これに対し、当時の仙台中央署の副署長は以下のように説明しています。

「逮捕したのは、マンションの一室とはいえ、不特定多数の者が、公然と性行為をしていたからです。参加者が、ほかの全裸の参加者を見ることができる状態でした。ストリップショーでも、性行為を客に見せるようであればダメです。お金を取ったこととは、関係ありません。知人同士でも、状況によっては公然わいせつに問われます」

「ネット上で情報があるからといって、他人の家に勝手に踏み込むことはできません。裏付けがないと、裁判所から逮捕令状が取れないからです。今回は、通報があって、確実にパーティーが開かれることが分かったから摘発しました」

この通報は匿名からのもので、事件が発生したマンションは12階で外からも見えず、騒音苦情もありませんでした。静岡県湖西市の乱交パーティーについても、匿名からの通報を受け捜査を行っています。

『不特定多数の者が、公然と性行為をしていたから』が逮捕要因。会費はあろうがなかろうが関係なく、全裸を相手に見せると公然わいせつ罪となります。

”不特定”と”多数”の定義について、記事では以下のように解説されています。

   今回の事件をブログに書いた奥村徹弁護士は、摘発の理由について、1回のパーティーで16人もの参加者がいたことなどが大きいとみる。

「特定の人たちだけの秘密結社なら話は別ですが、今回は、営利目的で客をたくさん増やそうとしています。ネットを使って募集しているので、『不特定』とみなされます。また、5、6人もいれば、『多数』とみなされてしまいます。こうしたことは、判例でも出ていますね。また、わいせつ事件では、被害者がいないのは当たり前です。私は、今回の摘発については、違和感がありません」

・インターネットの掲示板などで多くの客を募集して集めた:不特定
・5人以上:多数
・警察突入時に全裸(相手に全裸を見せている状態):公然わいせつ罪で逮捕
・警察突入時に1枚でも服を着ている:逮捕されない(公然わいせつにあたらない)
・不特定の人間を集めて企画・主催:公然わいせつほう助罪で逮捕

身内同士で4人以下で行う分には逮捕されませんが、5~6人が集まり、かつ1人でも知らない人間が入り、かつ全裸だと”公然わいせつ罪”。参加者をインターネットの掲示板で募集して集めると、”公然わいせつほう助罪”となります。

静岡県湖西市の事件は、120名規模でインターネットの掲示板で集まり、公然と性行為をしていたため、公然わいせつほう助の疑いで逮捕されたということでした。また、公然わいせつ罪で捕まった2人は、警察突入時に全裸だったということになります。

公然わいせつ罪で逮捕された亀井俊哉容疑者は、「裸ではなかった」として容疑を否認しています。

男は「裸だったけど、陰部は服で隠していた」と容疑を否認している。
引用:日刊スポーツ

実際に乱交パーティーに参加していたのは70名ほどでした。しかし、公然わいせつ罪で逮捕されたのは2人だけです。2人が大いに盛り上がっていたであろう絶妙なタイミングで警察が突入。全裸で逮捕されたあげく、日本中に名前が知られるという結果となりました。

裸だったかそうでなかったかを警察と言い合うような大人にはなりたくないですね。

静岡県湖西市乱交パーティー事件概要

静岡県湖西市の宿泊施設で発生した乱交パーティー事件の報道内容はこちらです。

 宿泊施設で「乱交パーティー」を主催したとして、静岡県警は12日、千葉県習志野市藤崎7丁目、自称自衛官田渕照明(54)、同県船橋市前原東1丁目、自称看護師加藤砂恵子(51)の両容疑者を公然わいせつ幇助(ほうじょ)の疑いで逮捕し、発表した。いずれも容疑を認めているという。

湖西署によると、田渕容疑者らは11日から12日にかけて、静岡県湖西市の、浜名湖に面した貸別荘で、約120人が参加する乱交パーティーを主催した疑いがある。参加者はインターネットの掲示板で集まったといい、会費として1人1万円を払っていたという。

また、同署は会場で全裸で抱き合ったなどとして、東京都三鷹市下連雀3丁目、自称会社役員亀井俊哉(52)、東京都西東京市谷戸町1丁目、自称専門学生佐藤志津香(34)の両容疑者も公然わいせつの疑いで逮捕し、発表した。2人は参加者とみられている。
引用:朝日新聞デジタル

インターネットの掲示板での集客はLINEグループが利用されました。

関係者によると、田渕容疑者らはLINE(ライン)グループ「令和4年浜名湖フェス」で参加者を募った。参加者のほとんどがカップルや夫婦だというが、単独で参加する人もいた。年齢は下は20代からで、40代~50代が多いという。11日~12日にかけて行われた会は、宿泊しない参加者もいた。関係者は少なくとも3、4年前から会が行われていたとみている。

会場では、いずれも東京都の自称会社経営の男(52)と自称専門学生の女(34)が、全裸になって抱き合ったなどとして、公然わいせつの疑いで、現行犯逮捕された。男は「裸だったけど、陰部は服で隠していた」と容疑を否認している。12日午前3時半ごろ、警察が現場に踏み込んだ際は、約70人が滞在していた。飲食をしている人や就寝していた人がいたが、裸となっていたのは2人だけだったという。
引用:日刊スポーツ

この事件は参加者も多いことから、警察も状況把握に追われているようです。現在のところ公然わいせつ罪で逮捕されたのは2名のみ。全裸だった人は

個人の自由とは言え、参加者の中に1人でも「事情を知らずに参加していた人」がいた場合、大変怖い思いをしたことでしょう。

事件の背景について、今後の捜査で明らかにしていただきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました