旧統一教会

山口壯(つよし)環境大臣経歴が華麗「旧統一教会よりも呪い好き」自民党

旧統一教会

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政治家との関係が問題になっている中で、山口壯(つよし)環境相の“開き直り発言”が話題になっています。本記事では、山口壯環境相の経歴について調査しました。

山口壯環境大臣経歴が華麗「議員歴10年以上の大ベテラン」

山口壯環境大臣の経歴をまとめました。

1978年 外務公務員採用上級試験合格
1979年 外務省経済局国際機関第2課
1980年 在米大使館付き
1982年 外務省経済協力局政策課
1984年 防衛庁防衛局運用課部員(外務省より出向)
1986年 外務省経済局国際経済第1課課長補佐
1987年 外務省情報調査局安全保障政策室首席事務官
1989年 在中華人民共和国日本国大使館一等書記官
1991年 在パキスタン日本国大使館一等書記官
1993年 在連合王国日本国大使館一等書記官
1995年7月 外務省総合外交政策局国際科学協力室室長
1995年10月 退官
1996年10月 第41回衆議院総選挙(兵庫12区)新進党として出馬→落選
2000年6月 第42回衆議院総選挙(兵庫12区)無所属として出馬→当選
2003年11月 第43回衆議院議員選挙(兵庫12区)無所属の会として出馬→落選
2005年9月 第44回衆議院議員選挙(兵庫12区)民主党として出馬→比例当選(二期目)
2009年8月 第45回衆議院議員選挙(兵庫12区)民主党として出馬→当選(三期目)
2011年7月 内閣府副大臣(菅第二次改造内閣 国家戦略等担当)
2011年9月 外務副大臣(野田内閣第一次・第二次改造内閣)
2012年12月 第46回衆議院議員選挙(兵庫12区)民主党として出馬→当選(四期目)
2014年12月 第47回衆議院議員選挙(兵庫12区)無所属として出馬→当選(五期目)
2017年10月 第48回衆議院議員選挙(兵庫12区)自民党として出馬→当選(六期目)
2021年10月 環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災)(第一次岸田内閣)
2021年10月 第49回衆議院議員選挙(兵庫12区)自民党として出馬→当選(七期目)
2021年11月 環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災)(第二次岸田内閣)
引用:山口壯公式HPWikipedia

現在は、環境大臣と内閣府特命担当大臣(原子力防災)を兼任されています。外交官としての経歴が華々しく、環境大臣より外務大臣の方が適任ではないかと思うほど十分すぎるキャリアです。山口つよし環境相のHPには外交官時代の写真が掲載されていました。

中国の万里の長城でしょうか。ポケットに手を突っ込み満面の笑みで写っています。この写真の笑顔を見ると、若い頃のくりぃむしちゅー有田哲平さんにそっくりです!

笑顔の中にどことなくうさん臭さを感じるところも有田さんと似ていますね。とはいえ、若い頃の山口壯議員はなかなかのイケメン。こんなイケメン外交官であれば、奥様も当時メロメロだったに違いありません。

2011年の野田内閣の際は外務副大臣に任命されており、組閣時の記念写真に山口つよし議員も写っています。


※画像の赤枠(矢印)が山口壯議員です。

衆議院議員として立候補して大臣を歴任するまでの間、山口剛環境相大臣の所属政党はころころ変わっています。

・1996年:新進党
・2000~2003年:無所属
・2005~2014年11月:民主党
・2014年12月~2017年9月:無所属
・2017年10月~現在:自由民主党(自民党)

新進党への立候補は、当時の代表・小沢一郎議員の誘いを受けたことがきっかけでした。長らく務めていた外務省を退官し、政治家として歩む決意をするも選挙結果は落選。その後は無所属で活動を続け、2000年に無所属からの立候補で初当選します。

その後、当時民主党の代表で会った小沢一郎議員と合流し、民主党へ入党します。しかし、民主党から自民党へ政権が戻り党が混乱している最中、あっさり民主党を離党。その後は自民党へ入党し現在に至っています。

旧統一教会への祝電の件も踏まえると、山口壯環境相大臣は「長い物には巻かれろ」タイプであることが伺えます。長いものに巻かれたおかげで今の地位があるため、”長い物”があれば喜んで巻かれにいくことでしょう。旧統一教会を含め、「大きい団体と仲良くしていれば安泰」ぐらいにしか思っていなかったに違いありません。

選挙中は自転車にのぼりを立て、有権者に支援を呼び掛けに奔走していました。

選挙区を自転車にノボリたてて走り回って、
選挙、強かったんだけどなぁ。
こんなバカとは 思わなんだ。
山口壯環境大臣のFacebookに写真が投稿されていました。

自転車に乗って頑張っています!アピールをしていますが、今となっては「旧統一教会からの組織票で余裕で当選だろうし、何やってるんだか」としか思えません。

選挙中、旧統一教会からのボランティアが入っていたかは確認されていませんが、これだけ自民党議員と旧統一教会のズブズブ具合を見ていると、組織票をどうしても疑ってしまいます。

キャッチフレーズは「こつこつ、とことん」。「(祝電など)頼まれたら全部出す」と豪語していた山口壯環境大臣ですから、どんな団体でも依頼があれば”とことん”対応するのが当たり前でした。”こつこつ”と依頼に応じ対応したことで大臣に上り詰めるほどの地位を獲得できたのでしょう。

山口環境大臣学歴は米国大学院博士号取得「怪しい団体には無防備」

山口壯議員の学歴をまとめます。

1967年 兵庫県相生市立相生小学校卒業
1973年 淳心学院中・高等学校卒業
1978年 東京大学法学部(3類)卒業
1979年 東京大学法学部(2類)卒業
1982年 米国ジョンズ・ホプキンス大学院SAISより修士号(M.A)取得
1989年 米国ジョンズ・ホプキンス大学院SAISより博士号(Ph.D)取得
引用:山口壯公式HP

流石政治家と言うべきか、学歴も秀でていました。これだけ頭のいい方なのに、旧統一教会に関しての記者とのやり取りがあまりにも残念過ぎて、呆れるしかありません。

実際の記者とのやり取りの動画はこちらです。

<インタビュー内容>
・山口壯環境大臣
何か2~3祝電 こういうのってどこでもそうだと思いますけど、いろんなとこから頼まれたら全部出しますね。だからそんな中で機械的に出したようですけれども、全く意識はありません。・記者
出したときは旧統一教会との関係は分からずに?・山口壯環境大臣
分からないですよね。というかもう一回言いますよ。どこからでも来たものは全部出してます。よっぽどおかしい団体でなければ。このときにこの団体は分からないわけですよね。分かりますか?・記者
改めて今後はどのようなお付き合いをしていくんですか?

・山口壯環境大臣
ん?先ほど申し上げたように今後は祝電を出しません。

何故かわかりませんが、終始笑っていました。今は当時のイケメンの面影もないのでまったくときめかないし、ただイライラするだけです。

この記者とのやり取りを見た視聴者からは「ニヤニヤ顔がむかつく」「議員の資格はない」など厳しい声が挙がっています。

ニヤニヤしてんのがムカつくな

「こういうのって、どこでもそうだと思うけど、いろんなとこから頼まれたら全部出しますね。だから、そんな中で機械的に出したようですけれども全く意識はありません」 笑みを浮かべてこのような発言をするとは議員の資格はないとしか思えない。普通依頼があれば、まずは自分で、時間がないのであれば秘書に調べて貰い、疑わしい団体とかを調べて出すべきでしょう。そうすれば、如何わしい団体に出す事もないし、追求はされないと思う。依頼がくれば何処でも出すとなると、暴力団が名前を偽って依頼してきたものにも出すと言うことと何らか変わらなくなる。 そこは引き締めでしょう。

実際のところは秘書やスタッフに丸投げして、山口壯環境相自身は何もしていなかったのかもしれませんが、あまりにも無防備かつ無責任すぎます。東大卒のエリート外交官だった山口壯議員はどこへ行ってしまったのでしょうか。

Twitterでは、『#山口環境大臣に祝電を頼もう』というハッシュタグまで生まれる始末。もはや完全にネタにされていました。

山口環境大臣の祝電サービスは大変素晴らしいです。統一教会関連団体にも複数の祝電を送った確かな実績と信頼。
「どっからでも来たものは全部出してます」と、審査不要でどこにでも祝電を出してくださる寛大な心。記念日には
環境大臣の祝電を頼みましょう。
#山口環境大臣に祝電を頼もう

山口環境大臣は「今後は出さない」と発言しているため、ハッシュタグでいくら祝電を頼んだところで出されることはないと信じたいです。ただ、旧統一教会だけでなく、反社や他怪しい団体にも祝電を出していないかは是非調査をしていただきたいものです。

山口壯家族は4人「各国を巡るエリート外交官一家」

山口壯環境相の家族ですが、奥様と娘さんが2人いらっしゃいます。山口環境大臣の公式サイトに家族写真が公開されていました。

こちらは1990年5月25日に撮影されています。在中華人民共和国日本国大使館一等書記官時代のものでしょう。長女は山口壯環境大臣、次女は奥様に似ていますね。

子どもたちの年齢は公開されていませんが、長女:3~4歳、次女:0~1歳に見えます。こちらの写真から30年以上経過していますから、現在長女・次女とも30代。結婚して親元を離れている可能性は十分に考えられます。父のように「政治家として国会に進出している」という情報はないため、一般人として生活しているのでしょう。

山口壯環境相の家族について判明している情報はこちらです。

妻:牧子さん
長女:名前不明(2022年時点の年齢は30代後半?)
次女:名前不明(2022年時点の年齢は30代前半?)

こちらの写真は時期や撮影場所は不明ですが、長女のみ写っています。

1991年の在パキスタン日本国大使館一等書記官時代の写真でしょうか。ご家族も一緒に写っているため、山口壯環境大臣の仕事に合わせ様々な国を転々としていたのでしょう。お子さんも小さいですから、奥様の負担は相当なものだったに違いありません。

管理人も2歳の頃、父の仕事の都合でドイツに住んでいたことがあります。管理人の母はドイツ語も英語も話せず、基本的には父を介して現地の人たちと話していました。基本的な言葉しかわからない母は、とにかくジェスチャーをしまくって意思の疎通を図ったそうです。「ボディランゲージで何とかなった!」と笑いながら話していたのを覚えています。

おまけに管理人も2歳とまだ小さく、姉もいますが当時6歳。子どもの世話をしながら見知らぬ土地で生活するストレスは相当なもの。母はドイツに着いて1か月後に高熱を出して1週間ダウンしたそうです。

管理人も現在子どもがいますが、子どもが小さいうちに海外赴任は恐怖でしかありません。子どもにとってはいい経験でしょうが…母親としては住み慣れた土地で子育てしたいと思ってしまいます。外交官の妻は強いと尊敬すると同時に、山口議員の「外交官から政治家への転向」は、奥様や子どもたちにとっては嬉しい決断だったのではないでしょうか。

やまぐちつよしは別宗教に傾倒中?「旧統一教会よりも呪い好き」

旧統一教会を「よっぽどおかしい団体」と認定しなかった山口壯環境大臣ですが、過去に『新宗教とオカルトに傾倒している』という記事が上がっていました。

疑惑としては、有権者に「温泉ホテル接待」を行い、公職選挙法に抵触していることなのですが、接待時の山口壯環境大臣の発言がヤバいです。

「2次会の終わりの方だったかな、山口さんもだいぶ酔っていてな、いきなり“清めたまえ! 祓(はら)えたまえ! さきわえたまえ! りんぴょうとうしゃエイ!”ってお祓いのようなものをしだしたんよ。頭おかしくなったんちゃうんかと思ってびっくりしたわ。あまりにも可笑しかったんで、周りがその言葉をしばらく口真似していたんやな。だからよく覚えとる」
引用:デイリー新潮

いくら酔っぱらっているとはいえ、いきなりお祓いをし始める大臣とかドン引きです。ネタだったのか本気だったのか定かではありませんが、山口壯環境大臣は新宗教『GLA』と『妙気会』という団体に傾倒していることが判明しました。

「山口さんはGLAという新宗教を信仰しています。秘書には創始者の娘で代表の高橋佳子さんの『運命の逆転』という本を配って勉強させていました。地元事務所では朝の会でその本の読み合わせがあり、秘書は嫌々やらされていた。政務よりGLAの会合を優先していて、高橋さんに会って頭を撫でられると涙を流すほどでした」
引用:デイリー新潮

「実はこの“呪い”は冗談ではないんです。山口さんはGLAのほかに『妙気会』という団体に傾倒していて、そこが“呪い”をかけるのだそうです。妙気会はほとんどマスコミに登場しない謎の団体で、冨田直幹という人物が会主を務めています。山口さんは10年以上前に後援者からの紹介で入信したはずです」
引用:デイリー新潮

宗教の信仰は個人の自由ですが、権力を使って秘書や関係者にも普及しようとしていたところを見ると、旧統一教会とやり口が似ています。旧統一教会を「よっぽどおかしい団体」と思わなかったのは、既に山口壯環境大臣自身が似たようなことをしていたからに他なりません。

問題なのは『妙気会』という団体。デイリー新潮によると、前総務大臣の武田良太さんのことを“気に食わない”“会うと気分が悪い”と罵倒したうえ、“呪い殺してやる”と言っていたとのこと。気に食わなかった理由は、武田良太さんに入閣で先を越されたから。それだけの理由で呪いをかけようとしていたのです。

山口さんは修験道場でもある石鎚山に自身の秘書を滝行や山開きに行かせて、鎖場を登るなどさせてもいた。秘書を採用する際も生年月日で冨田さんに占ってもらい、採るかどうかを決め、ある時は妙気会の関係者を私設秘書として採用していました。それほどのめり込んだ末、恨んでいた武田さんを“呪い殺す”と意気込んでいたのです」
引用:デイリー新潮

実際に武田良太さんに呪いがかけられたのかは不明ですが、山口壯環境大臣が宗教や呪いを信仰し、しかも相当のめり込んでいました。秘書やスタッフも別宗教とは言え信仰者であれば、旧統一教会や他いかがわしい団体に祝電を出すことにためらいがないのも納得です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました