TBS社員ウクライナ人女性性交渉未遂事件

TBS社員ウクライナ人女性性交渉未遂事件のまとめ|3P持ちかけた経緯がゲスすぎる

TBS社員ウクライナ人女性性交渉未遂事件

6月5日、TBS社員・O氏が日本に避難中のウクライナ人女性を嘘の取材で呼び出し、肉体関係を迫っていたことがTwitterで拡散され、炎上しています。

本記事では、TBS社員ウクライナ人女性性交渉未遂事件の経緯をまとめました。

事件のきっかけは「前原剛さんのツイート」

本事件は6月4日、有名ツイッタラー・滝沢ガレソさんが前原剛さんのツイートを取り上げたことで話題となりました。

【悲報】TBS社員さん、『取材名目で呼び出した日本に避難中のウクライナ人女性に肉体関係を迫った』というヤバすぎる情報がツイートされてしまう
@TsuyoshiMaehara

ヤバすぎる情報をツイートしたのは前原剛さん。

前原さんは日本とウクライナで2拠点生活をしていましたが、キーウ自宅に戻った翌日にロシアとウクライナの戦争に巻き込まれ、Twitterで炎上していた方です。

前原さんがツイートした内容はこちらです。

暫く離れてましたが、悲しいことがありました。現在日本へ避難したウクライナ人のサポートをしています。その中で、本日夕方、TBSの社員が取材を装い、20代のウクライナ人女性を呼び出したそう。しかし、その女性に近づいた理由は取材などではなく、夜の関係を求めきたとSOSが。どんな神経してんだ、

社員の個人名は伏せますが、このようなことが二度と起こらないようにしていただきたいです。

その社員とは取材と撮影で三度会ったことがあるそうです。しかし今回は単独でやってきてウクライナ人女性をホテルに誘った後、他の男性に電話をしていたそうで、恐ろしくてその場を速やかに離れたと、動揺した様子でメッセージをくれました。これは、避難してきた方々の気持ちを踏みにじる行為です。

名刺、メッセージを押さえ、ネット上の本人の顔も一致しました。 どなたか適切な対処法をご教示いただけないでしょうか。ロシア語が流暢な方のメンタル面のサポート、またはウクライナ支援団体からのメッセージお待ちしております。

フォロワーから「社名出してよくそういうことできるなぁ」というツイートに対し、前原さんは「ガッツリ名刺があり、ネット上に顔出ししていた。新入社員だと思う」と返しています。

⇒TBSの社員っていうのが本当ならよく社名出してそういうことできるなぁ。
肩書なくてもそんなことするやつとりあえず最低やけど…
⇒ガッツリ名刺もありますし、ネット上にも顔出しでいらっしゃいました。
新入社員だと思われます。

 

前原さんの告発内容をまとめました。

①6月3日の夕方、TBSの社員が取材を装い、20代のウクライナ人女性を呼び出す。女性に近づいた理由は取材などではなく、夜の関係(性交渉)を求めるものだった。
②20代のウクライナ人女性は、TBS社員とは取材と撮影で三度会ったことがある。
③通常複数のテレビ関係者が取材・撮影しているが、6月3日夕方はTBSの社員単独で姿を現す。ウクライナ人女性をホテルに誘った後、他の男性に電話をしていたようで、ウクライナ人女性は恐ろしくてその場を速やかに離れた。
④前原さんにて名刺、メッセージを押さえ、ネット上の本人の顔も一致していることを確認。その社員は新入社員だと思われる。今後の対応について協力を依頼。

前原さんも憤慨しておりましたが、この話が事実であれば世界的にも非難ごうごうです。

当初これらの告発内容は、告発者・前原さんの過去の炎上の件と、告発内容ツイート後に前原さんのTwitterアカウントが非公開になったこともあり、「信ぴょう性がない」と思われていました。

これ登場人物全員信用できなくない?

情報は発信元が大事とよくわかる事例

前原さん側も対応してくれる人を探していた状態。事件の内容の信ぴょう性についてはわからずじまいでした。

事件の告発内容がガチ(本当)と判明

信ぴょう性のないガセネタだと思われていた、TBS社員のウクライナ人女性への性交渉事件。滝沢ガレソさんは告発内容の信ぴょう性について調査しました。

6月5日、告発内容は真実であることが判明。

TBS社員の件は、ウクライナ領事館へ接触を試みるため続報は火曜以降となります
結論としてはガチでした

滝沢ガレソさんの返信から、TBS社員は「3Pしようとしていた」ことまで判明していました。

TBS社員の下劣すぎる行為が明らかとなります。書いているだけで気分が悪くなる内容です。TBS社員の処遇について、滝沢ガレソさんは「解雇または形式的な依願退職」になるのではないかとコメントしていました。

とりあえず告発される側は意地でも会社にしがみつくかもしれませんが、普通にナンパしたそのへんの女性とかならまだしも、相手が相手なので普通に解雇or形式的な依願退職になりそうです

相手はウクライナから非難してきた女性ですから、事実であれば国際問題となり世界中からバッシングを受けることは間違いありません。むしろ解雇や依願退職で済む話なのかも注目されます。

事件の経緯を滝沢ガレソが説明

TBS社員ウクライナ人女性性交渉未遂事件がガチであるとツイートしてから3日後。6月8日に滝沢ガレソさんが一連の事件の経緯がまとめたツイートが投稿されました。

【独自調査】先日拡散された『TBS男性社員が、取材対象であるウクライナ人避難民女性に性交渉(しかも3P)を持ちかけた』という前代未聞のウワサですが、独自調査の結果“事実”でしたので、経緯をまとめました。

※TBS社よりなんのリアクションも確認できなかった場合、O氏の実名を公開予定です。@tbs_pr

事件の経緯を抽出した内容はこちらです。

ロシアのウクライナ侵攻により、避難民として日本へ避難してきたウクライナ人女性『Aさん』

取材クルーの一員としてAさんの取材に複数回参加してきたTBS社員『O氏』が、ある日Aさんを取材名目で渋谷の某バーに呼び出す

O氏を信用しきっていたAさんは、取材の申込みを了承しバーへと足を運ぶ。すると、いつもは複数の取材クルーと同行していたはずのO氏が一人で来ており、なぜか二人きりに

「取材の一環で…」と呼び出したにも関わらずO氏は日常会話を始め、ついにはスマホの音声翻訳アプリを使用してAさんに『あなたは私とSEXしたいだろうから、これから知人男性も呼ぶので3人でホテルに行かないか』と突然性交渉を持ちかける

Aさんは全くそんな気がなかったため動揺。その後、O氏が電話で本当に知人男性を呼びだそうとしているのを見て怖くなり、バーから走って逃げだす

Twitterで「ウクライナ難民女性とSEXしようとしてトラブルになったTBS社員がいるらしい」というウワサが広まる

O氏、Aさんへ『昨日は申し訳ありませんでした』と謝罪メッセージを送信

動揺・不安を隠しきれなかったAさんは『なぜあのようなことをしようとしたのか?最初から目的は体関係だったのか?』と返信。

上記返信をO氏は数日間、既読無視

Aさんは日本人の難民支援者らに相談した後、日本人の知人と共にウクライナ大使館を訪問し上記顛末を説明

ウクライナ大使館が「O氏とTBSにAさんへの謝罪を求める」という対応策をAさんへ打診するが、Aさんは「(自身が非難させてもらっている外国人という立場から)ことを大きくしたくない」「もうこれ以上TBSと関わりたくない」と打診を却下

大手マスコミ社員が避難民へ性交渉(しかも3P)を持ちかけるという前代未聞な事件を受け避難民全体に動揺が広まる可能性があることから、ウクライナ大使館も現時点ではTBSへ表立ってアクションを取れず(今ここ)
前原さんが告発した内容の詳細が明るみになり、TBS社員O氏はウクライナ人女性をバーに呼び出した上でホテルへ誘うという周到ぶりが判明。
また、音声翻訳アプリを利用していたとはいえ、『あなたは私とSEXしたいだろうから』という意味不明な言動。あり得ないほどの下種具合です。
TBS社員『O氏』の実名公開時期について、滝沢ガレソさんは「決まっていないが、大体2日したら子会予定」と回答しています。TBS社がアクションを取らなければ、6月10日に実名が公開されます。
決まっていません。車内聞き取り調査にはある程度時間がかかると思いますので、大体2日くらいしたらですかね。
また、滝沢ガレソさんは「訴訟はウェルカム」と話しており、事件内容の信ぴょう性がいかに高く、事件に関する有力な証拠を所持していることがわかります。
TBS社がこのまま「無かったこと」にした場合は公開します!ちなみに訴訟はウェルカムです!
事件について、TBS社員『O氏』の特定とTBS社からの回答が注目されることとなります。

TBS社員・O氏の名前は「小倉直樹」

6月8日の滝沢ガレソさんのツイートでは、TBS社員の名前は『O氏』であると明かしています。名前の頭文字は『お』から始まる人物であることがわかります。

※TBS社よりなんのリアクションも確認できなかった場合、O氏の実名を公開予定です。@tbs_pr

滝沢ガレソさんによると、O氏はTBS社員であることは間違いなく、TBSの採用ホームページにも載っていると明かしました。

TBS社員で間違いないです。TBSの採用ホームページにも載っていますを

また、前述の前原さんのツイートからO氏は新入社員であることが判明しています。

 

TBS採用ホームページを確認したところ、Oから始まる名字は2名確認できました。

・岡本伸吾(おかもとしんご)(コンテンツ制作局ドラマ制作部)
・小倉直樹(おぐらなおき)(報道記者志望)

このうち、岡本伸吾さんはドラマ制作部所属であり、かつ新入社員ではなかったため該当しませんでした。

そうなると、TBS採用サイト内『アイアム新入社員』で、報道記者志望とある「小倉直樹」(おぐらなおき)氏が該当します。こちらが小倉直樹氏の顔画像です。

(引用:TBS採用サイト

野球では投手一筋14年!報道記者志望です。

小倉直樹氏については、こちらの記事にまとめています。

爽やかな見た目とは裏腹に、ウクライナ人女性をわざわざバーへ呼び出し、知人男性を呼んでホテルへ行こうとする卑劣な一面が見える小倉直樹氏。

戦争が勃発している祖国から命からがら避難してきたウクライナ人女性に対する下劣な行為は、決して許されるものではありません。

TBSは疑惑を否定「スマホ翻訳機能での会話で行き違いや誤解があった」

滝沢ガレソさんのツイートを受け、TBS側も対応に追われました。6月8日、TBSテレビ報道局から滝沢ガレソさんへDMでのやり取りを要望しています。

返信先:@takigare3さん
突然のご連絡申し訳ありません。TBSテレビ報道局です。ご投稿を拝見しご連絡致しました。恐縮でございますが、当アカウントをフォローしていただきDMでご投稿の内容についてお伺いできますでしょうか。何卒宜しくお願い致します。
滝沢ガレソさんとTBSとのやり取りを受け、TBS側が出した声明は疑惑を否定する内容でした。

 TBS男性社員が取材を通して知り合ったウクライナ避難民女性に不適切な言動を取ったという話が出回り、SNSを中心に騒然となっている。「ネット界一の情報屋」として知られる有名ツイッタラーが一連の件についてツイートし、一気に拡散した。

これが本当ならばあまりにもモラルに欠く行動だ。それこそ国際問題に発展してもおかしくない。そこでTBSに聞いた。

TBS社長室広報部は8日、「当社記者が女性をホテルに誘ったり、友人を呼ぼうとした事実はございません。記者と女性がスマホの翻訳機能を利用して会話していたことなどにより、当事者間で何らかの行き違いや誤解があった可能性を懸念しております」と疑惑を否定した。
引用:東スポWeb

TBS側は、スマホの翻訳機能を利用していたことから、正しく伝えたい内容が翻訳されず会話のすれ違いや誤解が発生していた可能性を主張。

また、ウクライナ人女性をホテルに誘い、かつ友人を呼ぼうとした事実はないと疑惑を否定。わざわざバーへ呼び出している点やホテルへ向かおうとした点についての釈明はなし。

併せて、小倉直樹氏からもコメントもなく、有耶無耶に終わらせた形となりました。

<追記>

FRIDAY記者がTBSへ質問状を送った結果、TBSから以下の回答がありました。

「当社記者が女性をホテルに誘ったり、友人を呼ぼうとした事実はございません。記者と女性がスマホの翻訳機能を利用して会話していたことなどにより、当事者間で何らかの行き違いや誤解があった可能性を懸念しております。なお、SNSやネットなどでの事実と異なる情報の流布に対しては、法的措置も含め検討しております」
引用:Yahooニュース

疑惑の否定に加えて、法的措置も含め検討すると回答しています。ただ、可能性を”懸念”しているだけで”追及”していません。”追及”するのが報道としてあるべき姿なはずですが、自分には甘いようです。

<追記終わり>

【追記】滝沢ガレソ|小倉直樹氏とウクライナ人女性とのやり取り公開

6月9日、滝沢ガレソさんが続報をツイート。ウクライナ人女性より提供された小倉直樹氏とのメッセージやり取りのスクリーンショットを公開し、TBSへ追い打ちをかける形となりました。

【続報】東スポの取材にTBS広報が回答、疑惑を否定
・性行為を誘った事実はない
・知人を呼んだ事実もない
・(バーで二人きりで会った事は否定せず)翻訳アプリの誤作動による行き違いでは?参考までに、女性より提供頂いた二人のメッセージのやり取りのスクショを公開します

スクリーンショットには、

  • バーで会うまでのやり取りの一部
  • 途中で帰ってしまった女性に対してO氏が送信したメッセージ
  • O氏と合った翌朝、女性がGoogle&DeepL翻訳を使用し日本語で送信したメッセージ

が公開されています。メッセージの内容はこちらです。

I,m sorry that the schedule don’t quite it. let’s meet again someday。
(ごめん。スケジュールが合わなかった。また会いましょう。)
※途中で帰ってしまった女性に対してO氏が送信

あなたは昨日、私が一度も望んでいないラブホテルに連れていこうとしました。しかも3人で。
なぜ突然、あのような内容のことを翻訳アプリで提示してきたのですか?昨日は、取材の一貫で会う目的ではなかったのですか?
私は動揺しています。
※Google&DeepL翻訳を使用し日本語で送信

この後のメッセージのやり取りは明らかになっておりませんが、小倉直樹氏の「スケジュールが合わなかった」が何を指しているのかはっきりとしません。

滝沢ガレソさんは、呼んだ知人のスケジュールが合わなかった、女性が先に帰った理由は、女性が忙しくて帰ったと考えての発言か、英訳ミスなどを想定。

スケジュールとは何を指しているのか…疑問は深まるばかりです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました